2017,4月のLIVE,イベント

4/16(日)

藤タカシ& M-BAND LIVE



80年代初頭、原宿キャットストリートからブラック・キャッツが登場すると同時にメジャーからデヴューしたM-BAND。

瞬く間にTVを通じてお茶の間にネオ・ロカビリーブームを巻き起こしたあのM-BANDが数十年ぶりに熊本上陸

熊本からはオールディーズナンバーを得意とする
『GARAGE BAND』
ピュア・ロカビリーの重鎮
『THE BIG CHIEF』
DJには天草のロカビリー番長
『CHIKA★ROCK』
がサポート♬

2017.4/16(日)
OPEN 18:00
START 19:00

前売 4000円
当日 4500円 ※共に別途ドリンクオーダー

LIVE終了後はONE DROP恒例、打ち上げも自由参加OKデス★
会費3000円 ビュッフェスタイルのお食事&フリードリンク


以下オフィシャルホームページより抜粋
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

【What's M-BAND?】
1982年アルバム「ZAPPER」でデビュー。

ストレイ・キャッツなどのネオ・ロカビリーの影響を受けながらも、ストレートなネオ・ロカビリー・バンドではなく、’59~’61年頃の日活アクション映画を連想させるような自意識過剰気味のファッションやポーズ、GSサウンドをコラージュ感覚で引用したセンチメンタルなメロディなど、さまざまなレベルの意匠や語法で強烈な自己主張を展開させていた。

当時「古いもの」あるいは「ダサいもの」だったエルヴィス・プレスリーのロックンロールやベンチャーズのエレキ・サウンドを、「新しいもの」あるいは「カッコいいもの」に変えてしまう

M-BANDの世界は、あまりにも大胆なコンセプトだった故、「早すぎたバンド」であった。特に藤タカシのヒー・カップ唱法は、元祖エルヴィス・プレスリー以上にエキセントリックで、世界で最もラディカルなロカビリー・シンガーと言っても過言ではない。
オリジナルM-BANDは’88年に解散!

2000年にVo藤タカシを中心に新メンバーでM-BANDとして完全復活!

2012年にはデビュー30周年記念公演で、六本木のSTBをソールドアウトの大成功をさせた。

現在の主な メンバー
Vo:藤タカシ
Gu:本田 清巳
Gu:西村和 洋
Ba:五十川博士
Dr:熊倉隆
Sax:松本淳一
Key:土屋剛
※その他、サポートメンバー多数



【藤タカシ とは】

1982年にエピックソニーよりM-BANDのリードヴォーカルとしてデビュー、デビューシングル「ハートブレイク」でブレイクし、東京音楽祭シルバーアップル賞も受賞、TBSテレビのレギュラー出演、日本武道館の2回のイベント出演、年間100本~150本の全国ライブハウスツアーなど、精力的に活動し、M-BANDのリードボーカルとしてかなりの人気を博しました。

7年間でM-BANDは解散。

その後、M-BAND時代、角川映画の「黒いドレスの女」に準主役として抜擢された。
その演技が評価され、役者として俳優活動を開始。
岩城滉一さんなどと、フジテレビのトレンドドラマのレギュラー出演、映画、Vシネマなどでも活躍しながら、ソロシンガーとして、パイオニアLDCからアルバム2枚もリリースしました。
声がプラチナヴォイスと言われるように、良い声質を持ってる為、ナレーターやCMナレーションの仕事も数多くこなし、車、清涼飲料水、化粧品等々、有名な作品にナレーターとして参加してきました。

2000年にM-BANDとして完全復活!
当時の「涙あふれて」「ストップ・ザ・ミュージック」などのヒット曲は、今でもたくさんの方がカラオケでも歌ってくれています。
そして、藤タカシ&ザ・スタイルという名前で、同時に全国をロックンロールサーキットと称して、精力的に回っております。

2012年はデビュー30周年ということで、六本木のSTBでもソールドアウトの記念イベントを大成功させました。
近年は、藤タカシの独特で個性的な歌い方によって、自分なりにカバー曲を沢山歌うようになり、このステージ構成が大変好評を博しています。

多分、エルビス・プレスリーナンバーをモノマネとしてではなく、しっかりと独自な解釈で歌う藤タカシのプレスリーナンバーは心に響くはずです。

そして、昭和のロックシンガーのカバー曲、沢田研二さん、柳ジョージさん等のナンバーも、藤タカシの世界で表現しています。

今、デビュー32年目を迎え、自分のオリジナルヒット曲はもちろん、洋楽オールディーズカバーや昭和歌謡カバーを歌うことによって、より皆様と近く一緒に楽しめる、楽しんで頂くステージを繰り広げ、マイク一本さえあればどこでも歌わせて頂くというシンガーマインドを持った藤タカシは、間違いなく真のエンターティナーであり、ロックンローラーとしてデビューして、ロックンロールアクターとなり、今こそロックンロールエンターティナーと呼ぶにふさわしいシンガーであります。

是非、藤タカシのショーをご賞味下さい。

 

2017,5月のLIVE,イベント

 

5月20日(土)

バンバンバザールライブ
~あらためて九州にご挨拶~
『博多のバンドですばいツアー』


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



出演:バンバンバザール
●福島康之 Vo,Gt ●黒川修 Ba
○松井朝敬 Gt,SteelGt,Uke(From Sweet Hollywaiians)

OPEN 19:00 / START 20:00
前売3000円 / 当日3500円 (+order)


リーダー福島、ベース黒川、メンバー全員が九州に完全移住して早1年!改めて地元九州の皆様にゆっくりと時間をかけて皆さんの街にご挨拶に伺いますよ!久しぶりじゃないか!と声をかけにライブに遊びにいらしてください!

共演は世界でスタンディングオベーションを浴び続けるミスター松井を沖縄よりお招き!多彩な弦楽器演奏をお楽しみください!


『当日は演奏終了後ワンドロップでワイワイ盛り上がろう!』
出演者、スタッフ入り乱れて当日は会場でそのまま打ち上げも開催決定!どちらかというとこっちが楽しみとまで言われるワンドロップでのライブ!翌日は日曜日!たっぷり楽しもう!

前売りチケットはバンバンチケット、ワンドロップで受付中!

<バンバンバザールプロフィール>

 

1990年結成。ストリートの演奏がきっかけでギタリスト吾妻光良氏に見いだされ、1stアルバム「リサイクル」でデビュー。JAZZ、JIVE、JUMP BLUES、FOLK、COUNTRY、LATIN、HAWAIIANなどオールドタイミーで様々なルーツの香りのするGOOD MUSIC作品をこれまで発表し続けている。バンバンバザールは現在、福島、黒川の2人を中心にメンバー、音楽性、演奏スタイルともに常にフレキシブルであるものの、結成以来一貫して「ライブ!」生の音楽にこだわった活動をし続けている。

2002年より既成の音楽イベントに飽きたらず、シーンの交流をはかるため、キャンプ場を借り切っての屋外イベント「勝手にウッドストック」を毎年開催、ステージ設営、フード、運営までしっかりこだわり数多くのアーティスト、ファンと一体化した盛り上がりを見せている。自らのレーベル「HOME WORK」を立ち上げ、アーティストのCDプロデュース、活動のサポート、2006年よりFM NACK5で「GOO GOO RADIO」のパーソナリティも務める。2013年より福岡にイベントスペース「LIV LABO」をオープン。まさにGOOD MUSICの種をまき続けている。



Coming Soon ! 近日開催予定のLIVE,イベント

Coming Soon !!

 

5/28(日)ゴーグルズ

詳細は決まり次第UPいたします

 

5/29(月)ケメ ソロライブ

詳細は決まり次第UPいたします

 

6/10(土)ブラックボトムブラスバンドLIVE

詳細は決まり次第UPいたします

 

6/12(月)ブルース・ザ・ブッチャー

詳細は決まり次第UPいたします

 

8/4(木)ROU LIVE

詳細は決まり次第UPいたします

 

9/22(金)リトルテンポ

詳細は決まり次第UPいたします

 

10/1(日)花花

詳細は決まり次第UPいたします

 

12/31(日)東田トモヒロ カウントダウンライブ

詳細は決まり次第UPいたします

 

 

 

 

レギュラーイベント、スポンサー番組

熊中放送部
熊中放送部

4/9(日)熊中放送部(HOSOB)

OPEN 18:00 ~ Midnight
入場無料 / 通常営業
偶数月の第二日曜日に開催する
和モノ・レギュラーラウンジイベント、
『熊中放送部』
架空の中学校、『熊中』
給食時間に放送部員が代わる代わる選曲・・・という定でお送りしております★
近年高騰する昭和30年代~70年代後期あたりの日本のポピュラーミュージック★
ラテン、グループサウンズ、やさぐれ演歌、シャレオツムード歌謡、コミックソングetc・・・
みなが知ってるあの曲から超カルト盤まで、ディギンディパーな熊中放送部員が
日々掘り起こしたレアなレコードでお贈りする大人なィ夜♬

熊中放送部のルール
(1)洋楽禁止
(2)CD,MP3,PC等デジタル音源厳禁
(3)音源はレコードのみとする

 

【熊中放送部員】

★Sonic Timemachine(FM791 昭和名曲堂 コモエスタ辛島町)

★キャプテンOZA(明星パンチ)

★FAZZ ACE(ワンドロップダイニングスタジオ)

★JDダーシモ

★DJ音女

★パープル山下(研修部員)
★まーちゃん(メラメラ)
 
  

コモエスタ辛島町
コモエスタ辛島町

 

4/11(火)シティFM(79.1)16時より生放送中『コモエスタ辛島町』

17時よりワンドロッププレゼンツ、『テスコの部屋』ON AIR★

 

昭和名曲堂の冠に相応しい懐かしい和モノを中心に様々な切り口で

3時間生放送でお贈りする音楽番組、コモエスタ辛島町。

 

毎月第二火曜日の17時台にONE DROP店主がディスクジョッキーとして

1時間担当するコーナー、『テスコの部屋』

 

主にジャパニーズ60'sガレージやGS、ラテンや和ボッサ等々グルーヴィー&パンキーをテーマに視聴率完全無視でやってます★

 

オリコンチャートには決して登らない!

しかし耳と心に残る(トラウマとして)選曲を心がけてます♪

     

キャンバスナイト
キャンバスナイト

4/30(日)キャンバスナイト

※入場料 / 通常営業

 

熊本在住で国内外で活躍するグラフィッカー

『GOA』 をゲストに毎月最終日曜日の夜、

ライブペインティングを行っています。

 

野外イベントやクラブイベント、ファッションショー等で

ご覧になる機会はあるかと思いますが

この日は通常営業ですので、

LIVEと共に刻々と変化していく画を楽しんで頂けます♪

 

この日に描かれた画は次回のキャンバスナイトの日まで

店内にディスプレーしていますのでこちらも是非ご覧ください。